Rのミニ四駆

ミニ四駆の改造方法を初心者にわかりやすく、ベテランも楽しめるサイトを。

ミニ四駆

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(8)フロント右部分ローラーステーの製作(13mm用)

投稿日:

今回はフロントバンパー右側、重要なWA(ダブルアルミローラー)を取り付けるステーを作りましょう!

用意するもの

13-12mmWAローラー(重要) Amazon オススメ品
・直FRP 2枚
・ニッパー(金属用)
・接着剤(強力)
・各種やすり

WAは軽量、もしくは旧品(エッジが尖っている)をオススメします。
ゴム付きは絶対やめてください。ゴムの抵抗でコーナーで減速します。

1.パーツごとにニッパーで切り分ける

今回までの端材で下記工程はできると思います。

左、中央、右と切り分けます。

今後は中央部を2枚使用します。

2.2枚重ねて接着し、ビスで止める

用意した2枚のFRPを重ね、両端をビスで締めます。

接着するまで1~2時間は待ってください。

3.画像の通りに穴を開ける

右から2つめの穴の中心から9.0~9.5mmを測定し、
そこを中心にして1.8~2.0mmの穴を空けます。

左端は必要ないので、切り取ります。

4.整形する

FRPの粉で穴を埋めています。

FRPを#400~#2000のやすりで綺麗に整形してください。

まとめ

このステーで13-12mmWAを使うと丁度104.5~105mmのバンパーになります。

しかし・・・FRPの粉で穴を埋めたんだけどもあんまり意味が無い・・・。

瞬間接着剤を入れ、乾かしてから穴を開けたほうがやりやすい・・・。orz

次の記事

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(9)FRP同士の接合と抵抗抜きの準備

-ミニ四駆

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミニ四駆 超大径製作(3) 1層目のスポンジタイヤの固着

今回やること 1層目のスポンジタイヤの固着を行います。 スポンジタイヤは軽いのでインナーに使いますが、柔らかすぎるので瞬間接着剤で硬さを手に入れます。 また、スポンジタイヤを1層目・2層目と分けること …

第4回山茶花高原杯結果

長崎で山茶花高原杯がありました。 土日の旅程がなかなか面白かったです( ^^) 移動は自転車、1日目の熊本港→島原港はフェリー、2日目の小長井→上熊本は電車でした。 そういえば一枚も写真取ってないや・ …

ミニ四駆 ローラーベースの長短を科学する

ミニ四駆では、ローラーベース(前後ローラーの間の長さ:図)が短ければ短いほどコーナーで速いと言われてます。 本当にそうなのか?ということで計算し、数字を比較しました。 基礎計算 コース設計図より、最外 …

ミニ四駆 シャーシの違い「シャフトドライブ」と「ダイレクトドライブ」

今回は「シャフトドライブ」と「ダイレクトドライブ」シャーシの違いをお伝えします! 「シャフトドライブ」と「ダイレクトドライブ」って何? 「ダイレクトドライブ」に分類されるのが、 MS,MR 「シャフト …

ミニ四駆 提灯の作り方とその原理

ミニ四駆の立体コースでよく使われる提灯を「かんたんに」作る方法をお伝えします! 用意するもの スーパーX・XXシャーシFRPリヤローラーステー × 1枚 Amazon FRPマルチ補強プレート(直FP …