Rのミニ四駆

ミニ四駆の改造方法を初心者にわかりやすく、ベテランも楽しめるサイトを。

ミニ四駆

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(9)FRP同士の接合と抵抗抜きの準備

投稿日:

用意するもの(FRP同士の接合)

・接着剤
・各種やすり
・加工済シャーシ
・FRP

0.完成図

前方右側が寸足らずになります。
(写真では前方右側にローラーステーを付けています)

1.フロント部位を接合する

シャーシと、

FRPを用意します。

右側が寸足らずになるように接着してください。

2.リア部位を接合する。

シャーシと、

FRPを用意します。

向きはどちらでもいいです。

左右どちらも同じ長さになるように調整してください。

ダミー(使わない)の大径~超大径タイヤを付けて、長さや高さを調整したほうが後々が楽です。

瞬間接着剤(ABS用ではない)を使って接着します。

#2000で整形します。

3.完成図

フロント、リアのステーを2枚重ねて加工したのはズレが起こりにくいようにするためです。

シャーシの直進方向にキレイに垂直となるように設定してください。

用意するもの(抵抗抜きの準備)

・直FRP 端材
・ニッパー(金属用)
・リューター
・接着剤
・各種やすり

1.シャーシのギアボックスの切除

赤丸の部位をキレイに削りとってください。

リューターがあると便利です。

プロペラシャフトの受け部は削らないように!

2.端材を使って衝立を作る

上の画像のような衝立を作るためにFRPの端材を切ります。
*この衝立はクラウンギア(ピンク色のギア)位置固定用です。

520ベアリングのベアリング部分がちょうど見える3.0~3.5mmの穴を開けています。

簡単に言うと「シャフトが穴の中心を通るように作る」です!!

全然簡単じゃないけどね!

3.衝立を接着する

衝立を接着します。

位置関係が重要なので、図を見ながら進めてください。

上から見た図はコチラ。

うまく接着できれば終わりです!

まとめ

ボディを白にするので、カラー的に

サンマリノ

セントルシア

セントルシアってどこ

ということは、黄色スポンジの超大径作ればいいんだね!

そんなものないd・・・

あるんだな、それが。

買っといてよかった・・・。今まで使うタイミングなかったけど。

次の記事

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(10)ピン打ち/ローラー設定・抵抗抜き(完成)

-ミニ四駆

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミニ四駆 赤VS井桁 製作日記(6)モーターピンの固定

今回やること ローラー固定用のモーターピンをFRPに打ち込み、それを瞬間接着剤で固定します。 ミニ四駆 赤VS井桁 製作日記(5)井桁の枠組み製作と調整の続きの記事です。 用意するもの モーターピン …

ミニ四駆 片軸モーターの種類と特徴

ミニ四駆にはさまざまなモーターがあり、それぞれ特徴を持っています。 今回は片軸モーターについて解説します。 「何が速いの?」「どれがいいの?」という疑問にお答えします! 両軸モーター解説→両軸モーター …

ミニ四駆 超大径製作(5) 3層目のアウタータイヤの固着(完成)

今回やること 今回は3層目のアウタータイヤの固着を行います。 最後なので頑張ってください( ^o^)/ 1.アウター用のバレルタイヤの切断 廃ホイールを使ってノーマルバレルタイヤを切断します。 まずは …

ミニ四駆の保管にはプラスチックタッパーを使おう!

組んだミニ四駆をそのまま置いておくとどうなるでしょうか? シャフトの曲がりやタイヤの変形が起こるかもしれません。 特に井桁と超大径は少しの歪みでも気になりますね! 簡単な保管方法を考えました。 1.プ …

ミニ四駆 ターミナルの保存方法

ターミナル(金属)は放置するといずれ酸化して錆びます。 金属の性質として金は酸化しにくく、銅は酸化しやすいという性質があります。 だからゴールドターミナルも選択肢としてアリです。 ※速いとは言っていな …