Rのミニ四駆

ミニ四駆の改造方法を初心者にわかりやすく、ベテランも楽しめるサイトを。

ミニ四駆

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(10)ピン打ち/ローラー設定・抵抗抜き(完成)

投稿日:

用意するもの(ピン打ち/ローラー設定)

・モーターピン ×4
・13-12mmWA+固定具 ×1
・ローラーベアリング830+固定具 ×5
・ギアスタビライザー(11mm×2、7.5mm×1、芯部×2)
・ピンバイス Amazon オススメ
・1.8~1.9mm ドリル

モーターピンはミニ四駆 モーターの分解方法を参考に取ってください。
固定具はモーターから取れます。上記の記事でモーターピンを取るときに一緒に取ってください。
ギアスタビライザーはクラウンギアを加工したものです。下記参照。

1.モーターピンを打ち込む

瞬間接着剤で固めたローラー用の穴を1.8~1.9mmのドリルで開け直します。

ダミーの超大径を付けておいたほうが加工がしやすいです。

どこまで打ち込むかは自分で決めてください。
*写真は完成したものです、全て地上高1mmに設定しています。

穴を垂直に開けることを失敗した場合は、瞬間接着剤で穴を埋めてください。
この方法だと何回でもやり直しできます。

2.ローラー・スタビ設定

フロント右に13-12mmWA(上部が12mm!)、
他全てにローラーベアリング830を使用します。

ギアスタビライザーの説明

クラウンギアを加工したものです。クラウンギアが大量に欲しい場合はヨドバシへ。

・11mm×2
 フロント右の13-12mmWAの上下
 LCの入りなどに動作する
・芯部×2 フロント左の830の上下
 ピンそのままだと見た目がアレなのでつけてます
・7.5mm×1 リア左の830の間
 LCの出口で動作する

ちなみに「830とかピンに固定できないじゃん!」「固定具って何よ?」っていう方はミニ四駆 モーターの分解方法 4.固定具を見てください。

用意するもの(抵抗抜き)

・クラウンギア×2
・スパーギア×1
・スペーサー各種
・520×1
・620×4
・絶縁ワッシャー×7(モーターの部品)

ちなみにシャーシごとに最適な方法が違うようなので・・・
これはあくまで例です。

抵抗抜きしなくてもS1は十分ポテンシャルがあります。
抵抗抜きをすると逆に遅くなることもあります。

1.フロント

左から、
左ホイール/絶縁/620/-/加工ピニオン/薄型加工クラウン/お宝/絶縁/620/絶縁/右ホイール

620とクラウンギアが接触する部分に直接スペーサーを噛ませないようにするため、
絶縁ワッシャーをかませるためにクラウンを薄型にしました。

ちょっとでもスペーサー配置を間違うと変な音するヨ・・・。

2.リア

左から、
左ホイール/絶縁/620/-/衝立/520/金属スペーサー/スペーサー小/無加工クラウン/スペーサー小/お宝/絶縁/620/絶縁/左ホイール

「抵抗をなくすこと」ではなく、「位置を固定すること」に重きを置きました。

クラウンギアはキツめの配置です。

スタート時、回転時、ストップ時、全てにおいてS1基本時より上々です。

まとめ

抵抗抜きで注意してほしいのは、
空転時間が長い=速い ではありません。

いかにトルクが抜けず、地面に力を与えられるか。←1段階目

そして抵抗をできるだけ減らせるか。←2段階目

まず2段階目に行く人が多い気がします。私もそうでした。

これにて完成です!

総括

10回に分けてS1井桁作成の説明を行いましたが、うまくできましたか?

内容を大改修しましたので、読みやすくなっていると思います。

もし井桁作成が「うまく行った」、「いかなかった」等があればコメントをいただきたいです。
ブログ作成の励みになります!

-ミニ四駆

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミニ四駆 提灯の作り方とその原理

ミニ四駆の立体コースでよく使われる提灯を「かんたんに」作る方法をお伝えします! 用意するもの スーパーX・XXシャーシFRPリヤローラーステー × 1枚 Amazon FRPマルチ補強プレート(直FP …

ミニ四駆 超大径製作(4) 2層目のスポンジタイヤの固着

今回やること 2層目のスポンジタイヤの固着を行います。 やり方はほとんど1層目と同じです。 最初のスポンジタイヤのかぶせ方だけ違います。 1.スポンジタイヤをかぶせる準備をする 廃ホイール(大径)に大 …

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(3)フロントステーの製作

今回はフロントステーを作ります。 ・・・ステーとバンパーの違いがわかっていないのですが、 たぶんバンパーの方がしっくりくる名称です。 用意するもの ・直FRP x 2 ・電動ドリル(リューター) ・接 …

ミニ四駆 ターミナルの保存方法

ターミナル(金属)は放置するといずれ酸化して錆びます。 金属の性質として金は酸化しにくく、銅は酸化しやすいという性質があります。 だからゴールドターミナルも選択肢としてアリです。 ※速いとは言っていな …

ミニ四駆 初心者のための「モーター慣らし」

初心者の最初の難敵「モーター慣らし」。 慣らし方次第でモーターのポテンシャルを上げることも下げることも可能です。 今回は、難しくない「モーター慣らし」をお伝えします! モーターには2種類の電極が採用さ …