Rのミニ四駆

ミニ四駆の改造方法を初心者にわかりやすく、ベテランも楽しめるサイトを。

ミニ四駆

「ロックナットがない・・・」そんな時にはスプリングワッシャーを使おう!

投稿日:2013年 更新日:

ロックナットが無いときの代替品「スプリングワッシャー」を紹介します。

「ロックナットは高い(1個60円)から使えない」など、費用対効果もカバーできる内容になっています。

1.導入編

DCIM0245スプリングワッシャーって知っていますか?
少ワッシャーに切れ込みを入れたような形をしています。
これはパーツを買った時、ワッシャーやネジなどの金属部品と共に入っていることが多いです。

しかしナットだけでパーツを固定している方をよく見かけます。

それだと、すぐにネジが緩みますし、パーツが走行中にバラバラになることもしばしば見かけられます。

正しい付け方を見てみましょう。

2.スプリングワッシャーの装着法

DCIM0247ナット – スプリングワッシャー – ワッシャー – 固定したい物 の順で装着します。
ここでワッシャーを忘れると、スプリングワッシャーが固定したいものを削ってしまうのと、固定効果が下がってしまいます。
ワッシャーを忘れないように!

DCIM0248ナット締めに使うのは、ボックスドライバー (4mm/4.5mm) – TAMIYA公式がオススメです。
ネジの頭を壊してしまうことが少なくなります。
しかも、ロックナットにも対応。

3.もっと強く!ダブルナット化

DCIM0249緩むと困る場所に使うのはロックナットの方が良いです。
しかし、ない場合はダブルナット化します。

ナット – スプリングワッシャー – ナット – スプリングワッシャー – ワッシャー – 固定したい物 の順で装着します。

これでそうそう緩みません。

4.意外と軽いナット

DCIM0242 DCIM0241

「ロックナット」より「ナット+スプリングワッシャー」の方が0.06g軽いです。

まとめ

「ロックナットが高いな~」&「スプリングワッシャー使ってる人いないな~」ということで、資源の有効活用を目的に書きました!

-ミニ四駆

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミニ四駆 超大径製作(5) 3層目のアウタータイヤの固着(完成)

今回やること 今回は3層目のアウタータイヤの固着を行います。 最後なので頑張ってください( ^o^)/ 1.アウター用のバレルタイヤの切断 廃ホイールを使ってノーマルバレルタイヤを切断します。 まずは …

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(1)シャーシの切断とフル井桁・サイドレスの選択

第1回目はシャーシの切断を行います。 とりあえずサクッと切り落としていきます。 用意するもの S1シャーシ ピンバイスまたはドリル ニッパー 各種紙ヤスリ ダイソー製の#800を使用しています シャー …

ミニ四駆 初心者のための「モーター慣らし」

初心者の最初の難敵「モーター慣らし」。 慣らし方次第でモーターのポテンシャルを上げることも下げることも可能です。 今回は、難しくない「モーター慣らし」をお伝えします! モーターには2種類の電極が採用さ …

ミニ四駆 超大径製作(4) 2層目のスポンジタイヤの固着

今回やること 2層目のスポンジタイヤの固着を行います。 やり方はほとんど1層目と同じです。 最初のスポンジタイヤのかぶせ方だけ違います。 1.スポンジタイヤをかぶせる準備をする 廃ホイール(大径)に大 …

ミニ四駆 コース・セクションの種類と特徴、設計図の紹介

ミニ四駆は「コースの種類」と「セクション」によってセッティングを変えるのが当たり前です。 コース・セクションの種類と特徴を知ればレースで優位に立てますよ! 設計図も紹介します! コースの種類 オーバル …