Rのミニ四駆

ミニ四駆の改造方法を初心者にわかりやすく、ベテランも楽しめるサイトを。

ミニ四駆

ミニ四駆の保管にはプラスチックタッパーを使おう!

投稿日:2013年 更新日:

組んだミニ四駆をそのまま置いておくとどうなるでしょうか?

シャフトの曲がりやタイヤの変形が起こるかもしれません。

特に井桁と超大径は少しの歪みでも気になりますね!

簡単な保管方法を考えました。

1.プラスチックタッパーを用意

縦19cm × 横12cm × 高さ6cm 以上のタッパーを用意してください。
上記の大きさだと、マシンがちょうど収まります。

2.乾燥剤を内壁面に張り付ける

4cm × 4cm 程度の乾燥剤を用意してください。
それをタッパー内壁面に貼り付けます。
固定にはマスキングテープが使いやすいです。

3.タイヤを底面に固定

同じ幅のタイヤをタッパー底面に、ミニ四駆を置いた時にタイヤが浮くように固定します。

完成図

CIMG3606
乾燥材はターミナルのさびを予防し、金属パーツの劣化を防止します。
敷きタイヤはタイヤ・ホイールの変形、シャフトの曲がりを防止します。

まとめ

この方法の一番のメリットは「100円でできる」ことですね!
安いのは素晴らしい。

細かい点に注意することも大事ですが、保存時間のほうが確実に長いです。
「保存性を重視したほうが良いんじゃないの?」と考えて書きました。

-ミニ四駆

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(0)製作する前に

色々やってみた結果、水色S1を使って井桁を作りたいと思います。 蛍光色みたいな色ですね、実際はライトブルーって表記されてます。 かなり黒と比べて剛性が高いような気がします。 ひねってもなかなか堅牢です …

ミニ四駆 超大径製作(4) 2層目のスポンジタイヤの固着

今回やること 2層目のスポンジタイヤの固着を行います。 やり方はほとんど1層目と同じです。 最初のスポンジタイヤのかぶせ方だけ違います。 1.スポンジタイヤをかぶせる準備をする 廃ホイール(大径)に大 …

ミニ四駆 2013年公式大会を振り返る

そろそろ2013年が終わりそうです。早かった。 公式大会(一番参加者の多い東京大会)を4カ月ごとに振り返り、どのような改造で優勝していたか調べました。 1/27 ミニ四駆GP 東京大会1 優勝マシン分 …

M4G:ミニ四駆ギャラリーの紹介

以前から気になっていたミニ四駆のサイトがありました。 その名前は「MINI 4WD GALLERY」 今回はM4G:ミニ四駆ギャラリー(http://mini4wg.com/)を紹介します! どんなサ …

ミニ四駆 赤VS井桁 製作日記(1)シャーシの加工

今回やること 井桁にするシャーシ(今回は赤VS)の加工を行います。 赤VS井桁 製作日記(0)製作する前にの続きの記事です。 用意するもの VSシャーシ ピンバイス2.0mm(穴開けできるもの) ニッ …