Rのミニ四駆

ミニ四駆の改造方法を初心者にわかりやすく、ベテランも楽しめるサイトを。

ミニ四駆

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(1)シャーシの切断とフル井桁・サイドレスの選択

投稿日:

第1回目はシャーシの切断を行います。

とりあえずサクッと切り落としていきます。

用意するもの

  • S1シャーシ
  • ピンバイスまたはドリル
  • ニッパー
  • 各種紙ヤスリ ダイソー製の#800を使用しています

シャーシ前部の穴あけ

ピンバイスでフロントバンパーに穴を空けます。
ニッパーでシャーシを切りやすくするために先に開けておきましょう。

これがあると失敗の可能性が格段に減ります。

・・・というより穴を空けていれば基本失敗しません。

駆動側に近づけすぎるとダメデス。

シャーシ前部の切り落とし

ニッパー等で穴に沿ってバンパーを切り落とします。

無理して一気に切らないほうがいいです。

無理して切るとたまに白い亀裂ができますので。

意外と硬いですね~S1。

仕上げ

あとは仕上げだけ!

金属やすりで切り落とした面を整えて、
ダイソーのメッシュやすり#400くらいである程度まで削り、
タミヤの紙やすり#2000で仕上げすればキレイにできます。

まとめ

「えっ今回これだけ?」と思った方もいらっしゃるかと。

でも丁寧にやると時間がかかるんです。。
(私は元々不器用なのでこういうのでも結構時間掛かるんですよね!)

あとは「フル井桁・サイドレスの選択」ですね。

ぶっちゃけ好きな方でいいです。

とんでもなく速い人(アトミックチューンで7.5m/s~)はサイドレスばっかりですね。
それでもLC(レーンチェンジ)に入るみたい。

S1とかZeroシャーシでも相当なマシンになるみたいです。

次の記事

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(2)リアステーの製作

-ミニ四駆

執筆者:


  1. […] ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(1)シャーシの切断とフル井桁・サイドレスの選択 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミニ四駆 超大径製作(2) ホイールの貫通、スポンジタイヤの切断

今回やること ホイールの貫通とスポンジタイヤの切断を行います。 1.ホイールの貫通 前回の記事で「大径ローハイトホイール」を使用した方も、X用大径カーボンホイールの方も以下の通りにやれば問題ありません …

「ロックナットがない・・・」そんな時にはスプリングワッシャーを使おう!

ロックナットが無いときの代替品「スプリングワッシャー」を紹介します。 「ロックナットは高い(1個60円)から使えない」など、費用対効果もカバーできる内容になっています。 1.導入編 スプリングワッシャ …

ミニ四駆 ターミナルの保存方法

ターミナル(金属)は放置するといずれ酸化して錆びます。 金属の性質として金は酸化しにくく、銅は酸化しやすいという性質があります。 だからゴールドターミナルも選択肢としてアリです。 ※速いとは言っていな …

ミニ四駆 超大径製作(3) 1層目のスポンジタイヤの固着

今回やること 1層目のスポンジタイヤの固着を行います。 スポンジタイヤは軽いのでインナーに使いますが、柔らかすぎるので瞬間接着剤で硬さを手に入れます。 また、スポンジタイヤを1層目・2層目と分けること …

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(8)フロント右部分ローラーステーの製作(13mm用)

今回はフロントバンパー右側、重要なWA(ダブルアルミローラー)を取り付けるステーを作りましょう! 用意するもの ・13-12mmWAローラー(重要) Amazon オススメ品 ・直FRP 2枚 ・ニッ …