Rのミニ四駆

ミニ四駆の改造方法を初心者にわかりやすく、ベテランも楽しめるサイトを。

ミニ四駆

ミニ四駆 井桁を作る前に考えるべきこと

投稿日:2013年 更新日:

井桁の作り方はこちら→ミニ四駆まとめ

はじめに

この記事は「初めて井桁を作ろうかな?」という井桁初心者の方に読んでいただきたい記事です。
伸び悩んでいる方も参考になると思います。

最初に考えるべきこと

まず、「なぜ井桁を作るのか?」を考えて欲しいです。

「井桁と対等に勝負したい」
「もっと速くしたい」

それなら他の方法があります。

駆動効率の改善
モーター慣らし
タイヤ・ホイールの選定
ギヤメンテナンス
電池の充電法

・・・・など、動力について改善する必要があると思います。

井桁は速くする方法ではありません。
 
井桁の最大の目的は「シャーシの剛性(硬さ)の確保」です。「1つのシャーシと長く付き合うことができる」ことが最大のメリットでしょう。

井桁の元になったフェンスカーの走行動画を見ていただければわかると思います。
フェンスカーはプラスチックでは耐え切れない速度となっており、モーターの熱でも通常のシャーシは溶けるほどです。

また、もう1つメリットがあります。

「どのシャーシでも対等に戦えること」です。

要らないものを切り取る=骨格のみが残るので、駆動性能が注目されます。
フロントバンパーに脆弱性があるものの、駆動性能がいいS1、VSが今の主流となっています。

ですが、S1やVSに共通するシャーシの性質「ショートホイールベース」が「速い」原因になるということではありません。

そのシャーシの特性を知った上で、

どれだけ利点を伸ばし、どれだけ欠点を抑えることができるか?

が大事でしょう。

まとめ

あまり突っ込んで考えると詰まります。
面白いと思えば勝手に前に進みますし、調子が悪いときは距離を置きましょう!

やりたくなったらやればいいです!

大きく考えずに一つ一つ細かいことをチェックしていけばうまくいくんじゃないでしょうか?

-ミニ四駆

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(9)FRP同士の接合と抵抗抜きの準備

用意するもの(FRP同士の接合) ・接着剤 ・各種やすり ・加工済シャーシ ・FRP 0.完成図 前方右側が寸足らずになります。 (写真では前方右側にローラーステーを付けています) 1.フロント部位を …

ミニ四駆 2013年公式大会を振り返る

そろそろ2013年が終わりそうです。早かった。 公式大会(一番参加者の多い東京大会)を4カ月ごとに振り返り、どのような改造で優勝していたか調べました。 1/27 ミニ四駆GP 東京大会1 優勝マシン分 …

ミニ四駆 コース・セクションの種類と特徴、設計図の紹介

ミニ四駆は「コースの種類」と「セクション」によってセッティングを変えるのが当たり前です。 コース・セクションの種類と特徴を知ればレースで優位に立てますよ! 設計図も紹介します! コースの種類 オーバル …

ミニ四駆データ分析2018[シャーシ編]

Googleトレンド等データ分析ツールを利用し、ミニ四駆の「今」をお伝えします! 今回はシャーシ編! 目次 ・シャーシ別人気度分析 ・あとがき シャーシ別人気度分析  ミニ四駆のシャーシをミニ四駆のシ …

ミニ四駆の保管にはプラスチックタッパーを使おう!

組んだミニ四駆をそのまま置いておくとどうなるでしょうか? シャフトの曲がりやタイヤの変形が起こるかもしれません。 特に井桁と超大径は少しの歪みでも気になりますね! 簡単な保管方法を考えました。 1.プ …