Rのミニ四駆

ミニ四駆の改造方法を初心者にわかりやすく、ベテランも楽しめるサイトを。

ミニ四駆

ミニ四駆 赤VS井桁 製作日記(1)シャーシの加工

投稿日:2013年 更新日:

今回やること

井桁にするシャーシ(今回は赤VS)の加工を行います。

赤VS井桁 製作日記(0)製作する前にの続きの記事です。

用意するもの

  • VSシャーシ
  • ピンバイス2.0mm(穴開けできるもの)
  • ニッパー
  • 紙やすり(#800,#1500,#8000)
  • 620ベアリング×4、ホイール×4、シャフト×2(シャーシ確認用)

紙やすりは100円均一で買える物でOKです。
CIMG3700
左からダイソー#400(実際は#800を使用)、タミヤ#1500、ダイソー#8000です。
(11/10 23:05画像追加しました。コメントありがとうございました( ^^))

1.シャーシの確認

620ベアリング×4、ホイール×4、シャフト×2を使って、シャーシが3点立地(どれかのタイヤが浮くこと)になっていないか確認してください。
タイヤが浮いておらず4点立地であれば確認は終了です。

2.フロントバンパーの切断

フロントバンパーの切断を行います。

まず始めに、ピンバイスでフロントバンパーに穴をあけていきます。
CIMG3667

紫の線より左側に行かないように穴を開けます。
CIMG3668_2

穴に沿ってニッパーで切り落とします。
CIMG3670

このように切断するのは、
穴なしでそのままニッパーで切り落とすと、シャーシに亀裂(クラック)が入る恐れがある
からです。

その亀裂が走行にどう影響を与えるのかよくわかりませんが、
プラスチック(正確にはポリカーボネート)は少しの亀裂に力を入れるとすぐに割れるので亀裂防止のためでもあります。

切り落とした表面は凸凹で危ないのでニッパーで大きなものを取り除き、紙やすりで整えます。
CIMG3671
#800である程度平面化できたら#1500、#8000と続けて整えます。

こんな感じになります。
CIMG3677
これでフロントバンパーの切断は完了です。

3.サイドウィング先端の切断

サイドウィングの先端は必要ないので切り落とします。
サイドウィング自体は重要なので切り落とさないでください。
CIMG3678_2

切り落とす前に、ニッパーを柔らかく握り少し傷を付けてください。クラックの予防になります。
CIMG3679_2

そして切り落とします。
CIMG3680
切り落としたら切断面が鋭利になっています。必ず紙やすりで整えてください。
これでサイドウィング先端の切断は完了です。

4.リヤの平面化

次はリヤの平面化を行います。

この写真をよく見てください。
CIMG3682
気付きましたか?

少しだけですが、リヤステー取り付け口が広がっています。
CIMG3682_2
また車軸を取り付ける所も平面化します。接着面を広げるためにこの工程を行っています。

机の上に本を置いて、その上に新聞紙を敷いてやすりがけをするとやりやすいです。
CIMG3684

まずリヤ側に少し傾けて#800でやすりがけします。
CIMG3689
写真くらいまで削れたらOK。

そして#800→#1500と使い、平面にします。
#8000は使わない方がいいです。あまりにもきれいな平面にしすぎると接着力が落ちるからです。
こんな感じになります。
CIMG3690
左右両方ともできたら、リヤの平面化は完了です。

5.フロントの平面化

フロント側は車軸の出っ張りを取るために平面化を行います。
リヤと同じようにやれば問題ありません。
CIMG3696
左右両方ともできたら、フロントの平面化は完了です。

6.プロペラシャフト受けの加工

図のプロペラシャフト受けをニッパーで切り取ります。
CIMG3694_2
カーブの時にシャーシがゆがみ、
このプロペラシャフト受けが走行の妨げになります。

切り取ったらやすりで整えてください。

7.シャーシの洗浄・乾燥

最後にシャーシを洗浄します。
水だけでも構いませんし、ハンドソープを使ってもいいです。きれいに洗ってください。
CIMG3698
オススメはハンドソープか石鹸です。
余計な油も落としてくれるので、今後の作業が楽になります。

水分を拭き取って、新聞紙の上で風乾させます。

次の記事

赤VS井桁 製作日記(2)リヤステーの製作

-ミニ四駆

執筆者:


  1. ちゃーみー(珊瑚) より:

    こんにちは、
    井桁に手を出す予定はまだありませんが、
    興味はありますので、更新を楽しみにしています。

    ひとつ気になったのですが、やすりの番号が一桁ほど違いませんか?
    もし、合ってましたらごめんなさい…

  2. Rei より:

    こんばんは!コメントありがとうございます!

    確かにダイソー(100円ショップ)はやすりの番号が非常に大きいですね。今調べてみたのですが、どうやら規格が他社製品と違うようです。
    ダイソーの製品を何個か試したのですが、木工用サンドペーパーのメッシュ型は#800以上でないと粗すぎて使い物になりませんでした・・・。
    他のやすりは布っぽい#8000(ダイソー)と紙やすり#1500(タミヤ)を使っていますよ~。

    ホームセンターなどで似た粗さの製品を探して、その製品情報をこちらに載せますね!
    コメントありがとうございました( ^^)

ちゃーみー(珊瑚) にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミニ四駆データ分析2018[シャーシ編]

Googleトレンド等データ分析ツールを利用し、ミニ四駆の「今」をお伝えします! 今回はシャーシ編! 目次 ・シャーシ別人気度分析 ・あとがき シャーシ別人気度分析  ミニ四駆のシャーシをミニ四駆のシ …

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(10)ピン打ち/ローラー設定・抵抗抜き(完成)

用意するもの(ピン打ち/ローラー設定) ・モーターピン ×4 ・13-12mmWA+固定具 ×1 ・ローラーベアリング830+固定具 ×5 ・ギアスタビライザー(11mm×2、7.5mm×1、芯部×2 …

ミニ四駆 縮みタイヤの作成法とその原理

今年2月ごろに出したタイヤ変質化結果の記事、 通称縮みタイヤ(縮めタイヤ)の方法論がここまで広がるとは思ってませんでした。 ネットってすごい! 使用するモノが少し危険なので、より安全な使い方をここでは …

ミニ四駆 赤VS井桁 製作日記(5)井桁の枠組み製作と調整

今回やること 今まで作ってきたシャーシ、フロントバンパー、リヤステーを全て接着します。 必要であれば微調整を行います。 ミニ四駆 赤VS井桁 製作日記(4)シャーシステーの製作・接着の続きの記事です。 …

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(9)FRP同士の接合と抵抗抜きの準備

用意するもの(FRP同士の接合) ・接着剤 ・各種やすり ・加工済シャーシ ・FRP 0.完成図 前方右側が寸足らずになります。 (写真では前方右側にローラーステーを付けています) 1.フロント部位を …