Rのミニ四駆

ミニ四駆の改造方法を初心者にわかりやすく、ベテランも楽しめるサイトを。

ミニ四駆

ミニ四駆 シャーシの違い「シャフトドライブ」と「ダイレクトドライブ」

投稿日:2013年 更新日:

MS(ダイレクトドライブ)とS2(シャフトドライブ)
今回は「シャフトドライブ」と「ダイレクトドライブ」シャーシの違いをお伝えします!

「シャフトドライブ」と「ダイレクトドライブ」って何?

「ダイレクトドライブ」に分類されるのが、
MS,MR

「シャフトドライブ」に分類されるのが、
VS,S1,S2,X,XX,TZ,TZ-X,Type系,ゼロ,FM,SFM,ARです。

片軸モーターを使う → シャフトドライブ
両軸モーターを使う → ダイレクトドライブ

と考えてもらって問題ないです。

詳細
シャフトドライブはプロペラシャフトを使い、4輪駆動にしています。そのため「シャフト」ドライブと呼ばれます。
ダイレクトドライブはギヤのみで、プロペラシャフトを使わないためそう呼ばれています。

それぞれの有利な点

シャフトドライブ

  • モーターが多く速度が調整しやすい
  • モータースペックが高い
  • 軽い
  • 昔からの知恵が使いやすい

ダイレクトドライブ

  • プロペラシャフトを使わないので、駆動効率がいい
  • 強度が高い
  • 重心がシャーシ中心にあり、安定しやすい
  • 比較的壊れにくい
  • 構造的にサスマシンにしやすい

フラット(チューン系)

    圧倒的にシャフトドライブ(特にVS)が多い。
    その原因は、片軸アトミックと両軸アトミックのスペックの違いが大きいです。
    両軸アトミックがなぜか地雷モーターなので、両軸フラットではトルクPROが基本です。

フラット(ダッシュ系)

    井桁にしやすいシャフトドライブが多い。
    ダイレクトドライブは井桁と違い、少し特殊な構造(俗:鳥居)にします。
    ほとんど同じと言えば同じですが・・・。
    使うモーターは片軸はスプリント、両軸はマッハダッシュが多いです。

立体

    どっちでも、という感じ。
    ただし、最近の公式大会ではシャフトドライブの「VS」が強いです。
    VSはバンパーに不安が残りますが、それ以外は一級品。
    駆動性能はシャフトドライブ随一なのでいろいろと調整がしやすいのかも・・・?

素組み対決

    ダイレクトドライブが圧倒します。
    ポテンシャルはダイレクトドライブがありそうなんですが、モータースペックの問題、重量の問題と新しすぎることで改造方法が確立してないのかもしれません。

ノーマルモーター対決

    ダイレクトドライブが強いです。
    駆動性能はダイレクトドライブが上回ります。

まとめ

「シャフトドライブ」と「ダイレクトドライブ」、どちらもいろいろと特性があります。
触ってみてわかることの方が多いです。

個人的な意見ですが、「どっちが速いか」じゃなくて「どっちが好きか」で決めてほしいですね!

-ミニ四駆

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(3)フロントステーの製作

今回はフロントステーを作ります。 ・・・ステーとバンパーの違いがわかっていないのですが、 たぶんバンパーの方がしっくりくる名称です。 用意するもの ・直FRP x 2 ・電動ドリル(リューター) ・接 …

ミニ四駆 超大径製作(3) 1層目のスポンジタイヤの固着

今回やること 1層目のスポンジタイヤの固着を行います。 スポンジタイヤは軽いのでインナーに使いますが、柔らかすぎるので瞬間接着剤で硬さを手に入れます。 また、スポンジタイヤを1層目・2層目と分けること …

ミニ四駆 水S1井桁 製作日記(0)製作する前に

色々やってみた結果、水色S1を使って井桁を作りたいと思います。 蛍光色みたいな色ですね、実際はライトブルーって表記されてます。 かなり黒と比べて剛性が高いような気がします。 ひねってもなかなか堅牢です …

ミニ四駆 縮みタイヤの作成法とその原理

今年2月ごろに出したタイヤ変質化結果の記事、 通称縮みタイヤ(縮めタイヤ)の方法論がここまで広がるとは思ってませんでした。 ネットってすごい! 使用するモノが少し危険なので、より安全な使い方をここでは …

「ロックナットがない・・・」そんな時にはスプリングワッシャーを使おう!

ロックナットが無いときの代替品「スプリングワッシャー」を紹介します。 「ロックナットは高い(1個60円)から使えない」など、費用対効果もカバーできる内容になっています。 1.導入編 スプリングワッシャ …