Rのミニ四駆

ミニ四駆の改造方法を初心者にわかりやすく、ベテランも楽しめるサイトを。

ミニ四駆

ミニ四駆 超大径製作(1) 製作用シャフト・ホイールの選別、ホイールの加工

投稿日:2013年 更新日:

今回やること

シャフトとホイールの選別を行います。

選別方法

タイヤをモーターで回転させて、その白い画面(パソコンのモニター)にかざして片目で見てみてください。精度が出ていないタイヤはブレているのがわかると思います。
(一匹狼でもいいじゃない-応用③・・・・タイヤの概要、作成より)
この方法で簡単にタイヤがブレているかブレていないか見極めることが出来ます。

1.シャフトの選別

まずシャフトの選別をします。

シャフトを620ベアリング2つ(とベアリング用スペーサー)を使って、貫通済み廃ホイールを両側に入れてからモーターを回転させます。
o0800060012242077563

そして上記の選別方法を使用します。
少しでもシャフトがブレていると、モニターの光が少しブレて見えるのですぐに選別可能です。

これを何回もやって2本の選別した製作用強化シャフトを手に入れます。
中空シャフトは1/2、強化シャフトは2/5くらいでまともなものがあります
(中空は加工する時曲がりやすいので強化シャフトを選んだほうがいいかもしれません)

2.ホイールの選別

今回使うのは大径ローハイトホイールです。
o0800060012422538288
このホイールは、X用大径カーボンホイールより精度がいい傾向にあると思います。

指を使って穴の通りにゆっくり押し込みます。

注意:ハンマーは使わないほうがまともに入る傾向があります。
ハンマーを使うと中空シャフトが曲がりホイールの穴も無理に開けることになります。ホイール自体の精度がよくても壊してしまうことが多々あります。

この時点では貫通加工を行いません。

そして上記の選別方法を使用してください。ダメだったら外してできるまで試してください。

3.タイヤのフチを切り落とす

この工程は全てワークマシンを使ってください。

新品の刃のデザインナイフで力をあまりいれずにフチを落とします。

そして幅9~9.5mmの所に油性マジックで線を引いておきます。
o0800060012422538287

4.ホイールの外側を切り取る

この工程は全てワークマシンを使ってください。

プラ用ののこぎり(小)で目印の線上を切ります。

デザインナイフだと刃が短くてガタガタになります。糸のこみたいなのでもいいかもしれないです。(切断面が平面になるのでヤスリも要らないです。残りの部分はデザインナイフで丁寧にカットすればOK)

ちなみに最初の線が9mmあたりにあると、ホイールは幅8.5mmくらいになります。(のこぎりの刃に厚さがあるので8mmギリギリにせず余裕を持ってやるといいです)
o0800060012422538289

次の記事

超大径製作(2)-ホイールの貫通、スポンジタイヤの切断

-ミニ四駆

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミニ四駆 シャーシの違い「シャフトドライブ」と「ダイレクトドライブ」

今回は「シャフトドライブ」と「ダイレクトドライブ」シャーシの違いをお伝えします! 「シャフトドライブ」と「ダイレクトドライブ」って何? 「ダイレクトドライブ」に分類されるのが、 MS,MR 「シャフト …

ペラタイヤの試作

ミニ四駆の改造として一般化してきたペラタイヤ(薄いタイヤ)。 実はペラタイヤを作ったことが無い! というわけで、ペラタイヤを試作してみました。 使ったもの ワークマシン(VSシャーシ) リューターやボ …

ミニ四駆 超大径製作(2) ホイールの貫通、スポンジタイヤの切断

今回やること ホイールの貫通とスポンジタイヤの切断を行います。 1.ホイールの貫通 前回の記事で「大径ローハイトホイール」を使用した方も、X用大径カーボンホイールの方も以下の通りにやれば問題ありません …

ミニ四駆 超大径製作(5) 3層目のアウタータイヤの固着(完成)

今回やること 今回は3層目のアウタータイヤの固着を行います。 最後なので頑張ってください( ^o^)/ 1.アウター用のバレルタイヤの切断 廃ホイールを使ってノーマルバレルタイヤを切断します。 まずは …

ミニ四駆 片軸モーターの種類と特徴

ミニ四駆にはさまざまなモーターがあり、それぞれ特徴を持っています。 今回は片軸モーターについて解説します。 「何が速いの?」「どれがいいの?」という疑問にお答えします! 両軸モーター解説→両軸モーター …